三十路シングル★あははトホホ日記

ついに三十路。未だ独身。おまけに約10年間勤めた会社を辞め、現在、バイトの身!しかも親の借金400万弱も肩代わり・・。経済力のない親の老後も不安だし、自分の明日も「どっちだ」状態!!この先、どうする??な、毎日とマネーライフを日々、あははトホホと更新中★
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
三十路のカサブタ
三十路のカサブタ (JUGEMレビュー »)
上田 良子
32歳で高給だった仕事を退職!その後、自分のやりたいことを求めてギャラなし生活1800日間の奮闘記!勇気と元気が出る一冊です★
LINKS
SEARCH
人気ブログランキング参加中 です。←応援してもらえると励みになります♪ 
■更新履歴&ひとりごとコーナー
2月23日日更新
家で自分でヘアカラーをしましたが、やっぱりうまくいきません〜。これからは美容室でやってもらおうっと。
  ↓日記本文は、この下からスタート↓
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
障害犬タローの毎日
黄色がいなくなって、今日で2週間が過ぎました。
いなくなってすぐは、違和感があったけれども、今では
それが当たり前のように時間が流れています。
黄色は幸せだったのかなぁ?とか、ふと思ってしまいますが、
そんな時にある番組を見ました。

天才!しむら動物園という番組の中に
動物と話せる女性・ハイジというコーナーがあります。
最初は「動物と話せるって・・・ウ、ウソくさい〜〜!!」と
思っていたのですが、3回ほど見た今、この人は本当に動物と話せるのかもなぁ、という気になってます。
ちなみハイジは外国人なのですが、これが日本人なら今でも「ウソくさ」と
思っていたかも(笑)不思議な感覚★

前回放送の太郎の話に心がウルッときたので日記に残しておきます。
1歳でしっぽ、前足、後足、耳先から腐っていく難病にかかった太郎。
獣医の小森先生は迷った末、手足、耳先、しっぽを切断して「生」を
とることにしました。

飼い主が高齢だったので、この小森獣医さんが太郎を引き取り、
それから11年たった今も先生や病院スタッフに支えられて元気に生きています。

だけど、先生は手足を切断したことを太郎がどう思っているか気になっていて
ハイジに太郎に聞いてもらうことにしたのでした。

ハイジが「驚いたわ!」と。
「この子は自分が安楽死させられるのではないかと思ってみたい」と。
犬に安楽死という概念はないけれど、先生の悩む気持ちから
イメージが太郎に伝わっていて、生きたい、死にたくない、と思ってたと。

だから、手術は痛かったけど、麻酔がとれて自分が生きてるって分かった時、
嬉しくて嬉しくてたまらなかったんだって。

ハイジの言葉を聞いて、小森先生が眼鏡をとって涙を拭いておられたんですね。
茶野もつられて涙・*:.。. (ノ´ω`・。)・*:.。

手足のない犬を飼う・・世話する、ということは
たとえ動物病院であったとしても、大変なこと。
それを引き受ける覚悟で先生は「死」ではなく「生」を選択したんですよね。
だけど、それが太郎にとってどうだったのか、心のどこかで
気になっていたのかも・・・。
だけど、太郎が生きてることが嬉しいんだろうなってことはハイジじゃ
なくても分かります!だって、太郎は優しい目をしてるんだもの!

愛されて、かわいがられて、幸せな気持ちの犬猫は、
どの子もこういう優しい目をしているなぁと思う。
そういえば、黄色も優しい目をしていたかもしれない。
幸せ・・・・だったのかな、と思えました。

が!!うちの飼い猫は・・・。あんまり優しい目をしていないっす( ̄▽ ̄;)!!
・・・それどころか、凶暴な爬虫類のような目をしているんですが・・(怖)
ワニの目ですよ、ワニの目(笑)!!こえぇぇんですよ。
愛情不足なのでしょうか、うちの猫は(−−;)

太郎の番組の簡単な説明はこちら
本もあるみたいなので、買ってよんでみようと思ってます(^^)
障害犬タローの毎日
障害犬タローの毎日
佐々木 ゆり
| 茶野 | | comments(6) | - |
千の風にのって・・いってしまった猫
一匹、猫を飼っていますが、そりゃ〜元気で、健康そのものの
自由気ままな奔放猫猫です。

その猫とは別に、2年ほど前に野良猫が家の納屋に住みつきました。
自分の飼い猫でもないし名前はつけなかったけど、黄色のしましま模様なので、
「黄色」と呼んでいました。それを名前っていうんでしょうけど・・パクッ

が、去年の12月ごろ急に痩せてきたので、黄色を病院病院へ連れて行くと、
猫の白血病で、発症しているとのこと泣き顔。一ヶ月ももたないでしょうと。

飼っているわけではないけれど、何かの縁なので最後を家の中で
看取ることになりました。
うちの猫とは隔離するので、茶野の部屋にエサとトイレを置くことに。
おかげで狭い茶野の部屋はますます狭くなり、なんか臭うし(笑)

寒いので、お湯をペットボトルを入れて湯たんぽに。(←効果絶大でした!)
食べなくても、無理やり口へ入れて飲み込ませたり。

そうこうしているうちに、またご飯を食べるようになたのです!
一ヶ月どころか一週間ももたんだろう、というくらいガリガリになったのに
すごい生命力どんっ!!!

そして、その時から、昨日まで、黄色のねぐらは外ではなく、茶野の部屋に。
とは言っても、別に部屋に閉じこもりきりじゃなかったですよ。
春には庭先に出て、草木の香りを嗅ぎながら昼寝してたしねさくらんぼ

食べなくなったら困るから、黄色にはおいしいものを食べさせた。
甘エビが大好物で、黄色の残りをおとんがビールのアテに、って感じだった。
人間の方が質素ムニョムニョ。うちの飼い猫はカリコリとかつお節しか食べないので、
うちの飼い猫よりも「姫扱い」だったかもしれない。ある意味・・汗

昨日、土曜日の朝、最近また食べなくなってきていたので、
おとんが病院へ連れていきました。
そして、病院へ連れて行く途中に・・・・天国へ行ってしまいました。

こういうことは、何回もありました。
だけど、点滴と薬を打ってもらったら持ち直していたので
今回も大丈夫、とあまり心配していなかったのに・・泣き顔

あんなに生命力の強い猫だったけど、あっさりと逝ってしまいました。
去年の暮れに消えるはずだった命は、ついにこの夏途切れてしまいました。

昨日の朝は、さすがに涙が出たけど・・苦しまずに逝って良かったと思う。
生命力の強い猫だから、死ぬ時は苦しむんじゃないか、と
それがイヤだったから。
家に帰ってきた黄色の骸は・・まるで寝ているみたいでした。

去年の12月から昨日まで8ヶ月。
病気の猫を世話することは、大変でした。お金もかかったしふくろ
一番大変だったのはオカンだと思います。次はオトン。

下痢の時は、うんこを垂らしながら歩くから、てんやわんやになった。
夜ご飯を食べた後は、おとんが膝にのせて、口や体をぬるま湯で拭くのが日課。
おとんの顔を、いつもじ〜〜っと見ながらゴロゴロ言っていたな。
人が大好きで膝の上にのって甘えていたな。ウンコが膝について絶叫したり(笑)

昨日、茶野の部屋にあったエサ場とトイレ、寝床ダンボールなどを処分。
去年の12月前の状態に戻ったわけですが、すごく広く感じました。
狭いと思っていた部屋なのにね。

世話がやけて、面倒くさくて、とても手間のかかる毎日だったけど・・。
元気になっていく姿を見るのは、その何倍も嬉しい気持ちになる。
だからこそ、消えかけている命を守ることは尊いのかな。
終わってみれば、寂しくもあり、どこかホッとした気持ちもある。
だけど、パソコンを打ってる茶野をいつも部屋の片隅でチョロっと
見つめていた黄色の視線がないのに慣れる事には少し時間がかかりそうだ。
| 茶野 | | comments(12) | - |
猫の救出劇・サード
おばあちゃんの家に泊まりに行った日、うちの駄猫が帰ってきませんでした。
翌日、おとんが探しに行くと・・・




また、あの小屋の壁に入り込んで、出られなくなってたそうです(−−;)

詳細はこちらをどうぞ→その1  その2

ま〜〜た、便利屋さんを呼んで、救出しましたがね〜〜。

なんで同じ過ちを3度もするんだ〜〜!!!このバカ猫めっ。

お仕置きに、お仕置きに、お仕置きに、お仕置きに・・・・・・・

頬ずり100回の刑を食らわしてやるぅぅぅぅ!!!
・・・と思ったら、猫パンチ、猫キックを食らって3回くらいしか
頬ずりできませんでした。

うちの駄猫は凶暴なので、なでなでするのも命掛けなのですよ。
機嫌の悪い時に、うっかりナデナデすると、すぐかぶりつかれますからね(><)

まあ、見つかって良かったです。
猫1匹でもいなくなると、心が重いですからにゃ〜。

今回も、6万円くらい掛かりました。茶野姉と折半で3万円の出費・・・。
想定内、想定外の出費がありまくりの5月ですわぁ・・・( T∇T)

こ〜ゆう、いざという時のために、貯金って、お金って
大切だよなぁ、とつくづく思った次第であります・・・。
★おすすめ猫漫画★
チーズスイートホーム 4 (4)
チーズスイートホーム 4 (4)
こなみ かなた
大人気コミック、チーズスイートホーム、待望の4巻、いよいよ発売です♪
雑誌と違って、オールカラーなのが嬉しい(^−^)
人気blogランキング参加中!
おもしろ本紹介「これよも♪ブックカフェ★」もよろしくです!
| 茶野 | | comments(6) | - |
ネコの救出劇リターンズ
ぎょっ!気が付けば、もう一週間も更新していなっかたりする茶野です。
先週の週末に、ちょっとしたトラブルがありまして・・・。

崖っぷち犬が救出されて良かった〜(来年1月には引き取られる予定だそう)
・・・・と、安堵していた数日後に
まさか自分ちの駄ネコの救出活動をすることになろうとは(><)


・・・先週の土曜日の昼、ネコが外へ行ったきり帰ってきませんでした。
まあ、夜に帰ってくるだろうと思っていたら、深夜、外でネコのケンカの声が。
捜すけれども見当たらず。

そのまま朝になっても帰ってこず・・・。

迷子になったんじゃないかと、日曜日の午前中、父とめぼしい場所を探すけど
発見できず・・・。

もう帰ってこないんじゃないかなぁ・・・。
そう思うと何もやる気がおこらず、ボーっと過ごしてました。

そして、昼過ぎくらい。父が、ネコを発見してきました。

そう、1年半くらい前に、閉じ込められたあの小屋にいたのです詳細はこちら

またまた農家の小屋の壁のスキマに入り込んで、出られなくなってたんですね〜(−−;)

また、前と同じ便利屋さんを呼んで、救出してもらいました・・。
救出後、人相ならぬ、ニャン相が少し悪くなってたような(^^;)
「もっと早く助けにこんかい、ワレ〜〜」って感じ?
ほんま、やっかいなネコですことっ(怒)!

農家の方も良い人で良かった・・
(もちろん、お詫びに菓子折りを持って行きましたよ〜)

ちなみに。次の日、猫がネズミを我が家に持ち帰りました・・。
そっか。もしかして、救出のお礼なのか。ありがとう。
でも、いらね〜〜〜よ〜〜〜( ̄▽ ̄;)!!!!!


まあ、とにかく良かったです(^^)
ネコ一匹でも、いなくなると家の中の空気が沈みます。何もやる気なくなります。
ちなみに。今回の救出劇のお値段は・・・・。

前ほど時間が掛からなかったので、6万円ほどですみました〜♪(いや、♪を付ける場面じゃないような・・・−−;)
今日はおとんが駄ネコをワクチン打ちに動物病院へ連れていきました。
検査など入れて2万円ほどかかると思われま〜するんるんるんるん
あと、ノラ猫のヒニンも必要なので、数万円ムード
そういえば、おとんが今月半ばに田舎に帰省するんでした。5万円の出費〜かわいい
おまけに、定期券が切れて、半年分購入するとして(お得だものネ)、5万円さくらんぼ
そして、何かとモノイリな年末へ突入・・・・・










(T∇T)ああああぁぁぁああああ

お金のかかるコトばっかです。
バリバリ運用しいていかないと〜〜つうことで、只今FX勉強中です(^^)
あまりにも面白いので、ここ数日ハマリ過ぎ、更新がお休みになっちゃいました
ま、もう12月。新しい年に向けて、頑張っていきましょう☆
人気blogランキング参加中!
おもしろ本紹介「これよも♪ブックカフェ★」もよろしくです!
| 茶野 | | comments(8) | trackbacks(0) |
猫救出劇
ご無沙汰しておりました。
ついこの間、ほとんと残業もない・・・と書いた途端に残業の嵐
見舞われてしまってヘロヘロの茶野です。

しかも、その間にプチ・トラブルにも見舞われておりました。
うちの駄猫が一晩たっても帰ってこなかったんですね。

次の晩も帰ってこなかったので、おかしいなぁと不安だったんですが・・。

なんと!

近所の小屋の中からうちの猫の声がするのを父が発見。
小屋の持ち主に許可をとって、中に入ってみると
「声はすれども、姿は見えぬ」状態・・・。

んで、父が上を見上げると、なんか壁と柱の間の小さなスペースに入り込んでいたらしいのです。(茶野は現場を見ていませんが)

耳と目が少し見えるけど、とても引っ張りだせないような状況だったらしいです。まったく、どうやって入り込んだのか永遠のナゾですわ・・(^^;)。

どうやって救出するか・・。消防?レスキュー?動物のために来てくれるか分からない。来てくれたとしても、相当、オオゴトになりそう・・。

そこで、お役立ちのタウンページです!!
近くの「便利屋」さんに電話して、来てもらったとのこと!

3時間くらいかけて無事、救出の運びに・・。ほっ。

他人の小屋だから、壁を壊すのも必要最小限に留めて、尚且つ壊した跡は
キチンと元通りに補修してもらいました。

ちなみに、お値段は10万円。4人掛かりで丁寧に、親身になって取り組んでくれていたから、このお値段は納得の金額とのことです。

いや、お金払うのは茶野&茶野姉ですけどね・・

でも、こういう時思うのは、やっぱり父は頼りになるなぁといいうことです。
小屋の持ち主に事情を説明したり、お詫びに行って、尚且つ好印象を与えることが出来る性質です。父は。

便利屋さんの人たちを労らうと共に、ちょっぴり値引きしてもらったりね。

普段はおちゃらけのお調子者ですが、いざと言う時には頼りになります。

それにしても、父が気が付かなければ、行方不明のままうちの猫、
ひっそりと死んじゃっていたんでしょうね。

そう思うと、本当に奇蹟です★
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | | comments(6) | trackbacks(0) |
猫の思い出
みっつひサンの日記を読んで、二年前に死んだ飼い猫のことを思い出しました・・。

10年働いた会社の近くで捨てられていた子猫。
置かれている状況を知ってか知らずか、丸まってク〜ク〜寝ている姿がかわいそうで、抱き上げてしまっていました。

抱き上げてもグ〜グ〜と寝たまま・・。紙袋に入れて電車に揺られている間もグ〜グ〜寝たまま・・。家についても(以下同文)。

ようやく目覚めたので、ご飯を与えてみても食べない・・。
死ぬのかな??とも思ったけれでも、目がキラキラと生気に溢れていました。
で、翌日、哺乳瓶を買ってきて、ミルクを与えてみたけど・・飲まない・・。

「このままじゃ、あかん」と言って、哺乳瓶を口に押し当て
無理やりグイグイと飲ませ始めた父。

んな無茶な・・と、思ったけど、目を白黒させながらも、やっとミルクを飲み始めた子猫。
彼(オス猫でしたから)が、「生」を選択した瞬間だったのかもしれません。

それから8年後に死にましたが、いなくなってみると、小さい頃の思い出から、今までの歴史、ちょっとした仕草がクルクルと頭を回って息苦しい。しばらくは、そんな感じでした。

今は、写真を見ながら思い出に浸ることもできますが・・。
よく考えてみれば、この猫と過ごした8年間って、茶野が20代の頃。
バリバリの青春真っ盛りの頃です。

猫を思い出すと同時に、20代の茶野自身についても思い出す。

茶野の人生史に、永遠に残っていくんだと思います。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | | comments(4) | trackbacks(0) |
猫と一緒に寝ると疲れる・・・
早いもので、働き始めてからもう一週間!!

2ヶ月ぶりのフルタイムワーク、数日はキツイかな、と思っていたものの
意外や意外、筋肉痛にもならず普通に働いております★

が、しかしです。

木曜日の朝、目が覚めると昨日までは感じなかった疲労感がズ〜〜ンと胸に。

やっぱり体が鈍っていたから疲れが出たのかしら・・とも思いましたが
違う・・・と思う。

その前の夜、うちの駄猫が茶野の布団にやって来て一緒に寝たんですよね・・。(普段はあまり来ない)

猫と一緒に寝るのは嬉しいんです。嬉しいんですけど・・・

はっきり言って、疲れますっっ!!

だって、猫が起きないように人間の方が縮こまって寝てるんだもん(^^;)
気がつけば、猫が布団のど真ん中を占領して、人間は端に追いやられるなんてことも多々あり。

ま、それがまたかわいいんですけど・・(はぁと)

肩が凝ってもいいから猫と一緒に寝たいんですが、
猫はいっつも親の寝床に行っちゃいます。トホホ〜〜。
(親は毎夜、縮こまって寝ているんだろうなぁ)
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | | comments(0) | trackbacks(0) |
猫が帰ってきました!!
実は、ここ数日、とてもブルーな気持ちが続いていました。
原因は猫!

飼い猫が、火曜日の夕方からいなくなってしまったんです。

思いつくところを探すものの、見つかるはずもなく、
自力で帰ってくるのを待つしかない・・という状況でした。

寒い冬は、布団にくるまって寝るのが大好きな茶野ですが、
猫がいなくなってからは、寝る時に色々と考え込んでしまい、
なかなか寝付けない・・・。

こんなに寒い中、凍えてるんじゃないか、お腹すいているんじゃないか・・。

で。猫は今日、日曜日のお昼に帰ってきました。
感動の再会を果たした後は、もう「元通り」なワケですが・・。
あんなに悶々としていたのに、また何でもない日常に戻ったわけです。

虎舞竜の「ロード第一章」の歌詞に、
♪何でもないようなことが幸せだったと思う・・・♪

・・・という言葉がありましたが、ホント、そう。
当たり前の毎日が、幸せだってことなのかもしれません。

今日は、ゆっくりと眠れそうです。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | | comments(0) | trackbacks(0) |