三十路シングル★あははトホホ日記

ついに三十路。未だ独身。おまけに約10年間勤めた会社を辞め、現在、バイトの身!しかも親の借金400万弱も肩代わり・・。経済力のない親の老後も不安だし、自分の明日も「どっちだ」状態!!この先、どうする??な、毎日とマネーライフを日々、あははトホホと更新中★
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
三十路のカサブタ
三十路のカサブタ (JUGEMレビュー »)
上田 良子
32歳で高給だった仕事を退職!その後、自分のやりたいことを求めてギャラなし生活1800日間の奮闘記!勇気と元気が出る一冊です★
LINKS
SEARCH
人気ブログランキング参加中 です。←応援してもらえると励みになります♪ 
■更新履歴&ひとりごとコーナー
2月23日日更新
家で自分でヘアカラーをしましたが、やっぱりうまくいきません〜。これからは美容室でやってもらおうっと。
  ↓日記本文は、この下からスタート↓
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
衝撃・・・節約生活のススメの山崎えり子さん逮捕・・
それは金曜日のこと。
帰宅して、夕刊紙にふと目を落とした瞬間、激震が駆け抜けました。

「カリスマ主婦・山崎えり子逮捕」

え?え?ええっ!?

しばらく、一人で大声で騒いでしまうほど、驚きました。
(詳しくは、こちらから)

山崎えり子さんといえば、初出版本「節約生活のススメ」が大ヒット。
仕事でドイツに渡った時の、ドイツ人のシンプルライフに感銘し、
節約生活に目覚めた、というフレコミでした。

茶野は、一時期、主婦雑誌にハマっていたことがあって(主婦でもないのに^^;)
結構、山崎さんのインタビューとか目にしてきたし、本も何冊か
読んだこともあります。
茶野的には、ちょいと硬くって真面目で今ひとつ面白みに欠けるなぁ、
という印象の文章(内容ではなくて、文体ね)を書くエッセイストでした。
(あくまでも、茶野的には!ですよ〜!) 

だからこそ、「この人は真面目で優等生なタイプなんだろうなぁ」と
いう印象を彼女に持っていました。
人の道からそれるような大胆なコトをするタイプに見えませんでした。

しかし。

知人の戸籍を数百万で買い、他人になりすまし結婚。そして。
経歴の基盤であった、「仕事でドイツに住んでいた」という
経歴がウソ
だったとは・・・。

もちろん、彼女は政治家じゃぁないんだから、経歴詐称していたって、
それ自体は罪に問われるわけじゃありません。

でも、戸籍を買ったというダークなイメージと同等、もしくはそれ以上に
経歴詐称はエッセイストとしては致命的な傷になるのでは、と思ってしまいます。

だって、エッセイの原点である「ドイツ暮らしで目覚めた節約生活」が
ウソだったということは、彼女のエッセイの全てがウソに見られてしまっても
仕方がない。たとえ、本当に節約生活をしていたとしても。

エッセイ=真実のその人、ではありませんよね。
ホラ、茶野もブログの中の天然ボケっぽいキャラと現実は違いますからね!
ホントの茶野は、とっても繊細でキズつきやすい女なんです。うふっ♪
(・・・・今、100Kmくらい引きましたね、あなた・・・)

実際の出来事を、その人の文章力によって装飾していく。そこがエッセイの
面白いところだと茶野は思っているんです。
一つの出来事でも文体が違えば、お笑いエッセイになったり
涙を誘うエッセイになったり。実際に会って話すのと、
エッセイから受けるその人との印象は当然、違うはず。

だから、エッセイはノンフィクションの中のフィクションみたいなものなのかもしれません(と、勝手に茶野は考えています)。

そして、どう考えたって、エッセイの「装飾前」の事実の詐称は禁じ手・・。
だって、それじゃエッセイじゃなくて、ホントのフィクションになっちゃうよ(^^;)。
経歴だけがウソで、他は真実です、なんて言われても基盤が揺らげば、
読者にはもうどれがウソでどれが真実が、さっぱり分からなくなってくる。

でも。経歴を詐称してしまった山崎さんの心理もなんとなく分かります。
彼女は、本の出版前から色んな公募に作文などを応募していたとのことです。
(本の後書きに書いてました)
茶野も、一時期「公募ガイド」なんてものを買ってる時期がありました。
川柳とかに応募してたけど、ことごとく落選でしたねぇ。ははは・・。

審査の上位にくるのは、相応の文章力を持った人たちばかりだと思います。
そこから頭一つ抜け出すには、ありふれた経歴よりは、どこか
ドラマティックな経歴や体験を持っている場合の方が有利でしょう。

普通の主婦が節約に目覚めた!というフレコミよりは
仕事でドイツに行ってました。そこで節約に目覚めました!という方が、
確かに人の目にはとまりやすかったのだと思います。

それにしても・・。もしかしたら、最初は自分の書いた文が
誰かの目にとまりやすいように、という軽い感覚で詐称を
してしまったのかもしれないけれど・・。

その後、世間に広く名前が知られるようになって、彼女は
どういう気持ちでいたんでしょう。
経歴を詐称していることに不安と罪悪感でいっぱいだった?
それとも、大したことない。どうせバレない。と思っていた??。

なんだかな。なんだか悲しいよ、山崎さん。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(8) | trackbacks(0) |
過去を振り返ってみる。そしてこれから
早いもので、今年も残すところ2ヶ月強となってしまいました。

会社を退職後、次の仕事が決まるまでの繋ぎに・・・と始めた
工場バイトの仕事、まさか一年経過することになろうとは・・(汗)。

いろいろウダウダ考えたこともあったけど、
何故か今、心は平静、平和、なんとなく穏やかな感じ。

前職は、小さい会社にしては給料・ボーナス、退職金共にまぁまぁあったと思います。
おかげ様で親の借金・生活費にお金をまわしながらも(詳しくは左バーの「家の借金」のカテゴリーを見てね!)幾ばくかの貯金が今、手元に残っていたりします。

毎年社長がタダで旅行に連れて行ってくれたりもしました。
(今考えるとかなり太っ腹!!)
と同時に人のこき使い方も半端ではなかったのです。

一年の内の3回は一ヶ月丸まる休みなし(まじで!)で、
ビジネスホテルに泊り込んでのお仕事。
深夜2時に帰り、朝8時半に出勤しても社長から
「もっと早く来い」なんて言われたりしたっけ・・(遠い目)。

まあ、体力問題、その他諸々の事情により退職を決めたわけですが、
前の会社で学んだことはたくさんあります。
まず、仕事を成し遂げる、という責任感。投げ出さない忍耐力。
そして、その後の達成感。爽快感。
20代は会社中心だった気がしますが、それなりに充実していたかも。

そして、今。
そういう生活からはかなりかけ離れてはいますが
これはこれでいいなぁ、という感じなのです。
時間的にもゆとりがあるし、人間関係も良いし、特に問題なし。

ただ、確実に収入は減ったわけだし、いつ切られるともわからない不安定な身分。
尚且つ、親の老後にかかるお金も考えていかなきゃならない。
だから、ゆとりができた時間で今手元にあるお金の運用方法とか
副収入の道を研究していかないといけないな、と思ってます。
(あれ、なんか今日の日記は尻切れトンボっぽい・・^^;)
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(5) | trackbacks(0) |
悩みスパイラル
アニメ・サザエさんを見て、憂鬱な気持ちになる人は多いらしい。
(ちなみに、茶野、漫画サザエさん全巻持ってます・・・我ながらスゴッ)

楽しいサザエさん♪ユカイなサザエさん♪♪
でも、これを見終わったら日曜日もおしまい。
また、明日からお勤めが始まる。ゆううつ〜・・・

という感じですかね。
サザエさんは見てないけど、ま、今の茶野もこんな気分かも、でございます。

思えば、前職を退職して、職業訓練を受けたあと、
なかなか仕事は決まらず(というか、面接自体もあんまり受けなかった・・^^;)、
とりあえずその場しのぎで短期バイトとして某大手メーカーの工場バイトを
したのが運の尽き(?)。
今も、そこでバイトをし続けている茶野・・。

気楽といえども、苦手・・というより嫌いな人が近くにいるので
結構しんどい。

その他、やっぱりそれなりに気苦労はありますよ。
それは、どこで働こうと正社であろうとバイトであろうと同じこと・・

でも、ふと、こういう工場のバイトでの気苦労に意味があるのかなって思っちゃう茶野。

自分のやりたい・・と思っていた仕事での苦労なら、まだ意味があるのかもしれないけど・・。それはそれでしんどいのだろうけど・・。

また、悩みスパイラルに陥ってしまいそう。

結論として・・・
働くのイヤだなあ!!ってコトだったりして・・(^^;)。
な〜んて、誰もが一度どころか何度も思うことですよね。

それでも、みんな、頑張って働いている。
どんなに意味がないと感じる仕事でも、仕事が終わった後の
一杯のビールや同僚との談笑にささやかな幸せを感じながら
生活のため家族のため自分のため社会のため一生懸命働いている。のでしょう。

そう思うと、ちょっとだけ元気がでます。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(5) | trackbacks(0) |
「あの頃の未来に僕らは立っているのかな」・・
中学の時、大親友ができた。
何をするのも一緒。学校の行き帰りも、クラブ活動も、
トイレ行くのも一緒。

恋愛よりも、その子との関係の方がずっと大切だった。

でも、色々とあって、中学を卒業後は会うことはなくなった。
そう、いろいろ・・。近くなりすぎて傷つけあったんだと思う。

そんな昔の親友のことを、今でもふと思い出す。

彼女は絵を描くことが好きで、将来はイラスト関係の仕事につきたい、
と夢を語っていた。

そして、彼女は夢を叶えたらしく、今は仲間と会社を興して
クリエイティブな仕事をしている。

そのことを、数年前にネットで知った。
私も絵を描くことが好きだったけど、いつのまにか忘れてしまった。
彼女は、「好き」を形にするためずっと頑張ってきたんだな・・。



彼女と再び会うことは、ないと思う。

もし会ったところで、私たちはもう、一緒に語るべき言葉を
持っていない・・。

昔、何をあんなに語り明かしたのか、今じゃ思い出せないほどだから。

彼女と、最後に会ったのは卒業式。
その時から、茶野はどう歩いてきたのかな。
その時、どんな夢を描いていたのかも忘れ気味だけど、
その時、思い描いた未来に今、立っているんだろう彼女を知って、
何だか胸が熱くなることがある。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(2) | trackbacks(0) |
仕事、人間関係・・・保守的な気分です
世の中には、新しい環境にもすぐに慣れて、新しい人間関係をすぐに、
しかも友好的に築ける人がいると思う。
そういうのって、もちろん本人の努力もあるんだろうけど、
一種の才能だとも思います。

茶野はというと・・・。え〜っとですねぇ・・。え〜と・・

まったく逆だぁぁぁ・・!!

新しい環境に入れば、慣れるのには時間がかかるし、努力も空回るし、
気を使い過ぎて疲れるタイプです。

だから、できることならあまり環境を変えず、慣れ親しんだ一つの場所に留まっておきたいのが本音。

なんで、急にこんなことを言い出したかといえば、
今の職場の環境が、茶野にとってまぁまぁ居心地の良いトコだからなのです。

製造のバイト。別に、仕事にやりがいなんかないけど、コツコツ作業するのは苦にならない。
親しい友人が一人いるから、休憩時間は楽しく過ごせる。
苦手な人も隣にいるけど、別に話さなければ話さないですむから問題なし。

このまま、更新がある間はずっと居座るのも良いかもしれない。

でも。やっぱり、このままではダメだと思う自分がいるのも事実・・。

と、同時に、違うところに移って、人間関係に苦しむなら
今のままの方がいい・・と、行動する前から萎縮してしまう自分もいたり。

う〜ん。無駄に悩んでしまう茶野でございます・・。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(8) | trackbacks(0) |
これからについて思うこと
今日は、資格ゲッター☆のんちっちの奮闘記さんの日記に共感トラバさせて頂きました。

そう・・。茶野は、なんとかギリギリ今年の3月に通信大学を卒業したんですが、どうにも次の一歩が見えてこない・・・。

当初の予定では、通信大学を卒業した暁には福祉系の仕事をしたいって
考えていたんですが、左サイドの「転職活動」のカテゴリーをご覧頂いたら
分かるように、せっかく採用になった介護の仕事も断ってしまっています。

非常勤扱いで、日給も安く、面接の対応にも疑問があった、勤務地が遠かった・・・などなど色んな理由から自分なりに考えて断ったんですが、本当は、未経験の「福祉」の仕事に飛び込むのが恐かったんじゃないのかな・・、断らずに飛び込んでみたら良かったのかな・・とかふと考えたりします。

せっかく、福祉系の大学を出て、ホームヘルパーの資格も取ったのに、
いざ行動を起こそうと思ったら萎縮してしまって、結局何もしていない自分。

なんだかなぁ。状態です。

考えてみれば、今の仕事はほとんど土日が休み。残業もなく5時半には終業です。

土日を利用して、登録のホームヘルパーはできないかな、と考えています。
(雇ってくれる所があればの話ですが・・^^;)
資格を取る時に、施設の実習より訪問介護の実習の方が心に残ったので。

やっておけば良かったなぁ〜、と後からクヨクヨするよりは
一度挑戦してみる行動力が必要かもしれないなぁ・・。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(2) | trackbacks(0) |
結婚していない、「だから・・・」という言葉
今日は30代みさきのシングル日記ブログに共感トラバ★

そう・・一定の年齢を超えて独身である、ということは
それだけで攻撃の対象になることがあるんですよねぇ・・。

友達が老人保健施設で働いているんですが、40代くらいの
とても穏やかで仕事のできる看護士さんがいるらしい。

しかし、彼女は独身。(仮にA子さん)

方や、怒りっぽくって自己中心的な看護士さんがいる。勤務中でも喫煙室に平気でサボりに行ける人。

そして、彼女は既婚で子どもあり。(仮にB美さん)

B美さんはA子さんのことが気に入らないらしく、
何かにつけて、A子さんのことを攻撃するとのこと。
その時のきめ台詞は、
「だからあの人は結婚できないのよ」とか
「結婚していないから、分からないのよ」という言葉。

自分が悪くて注意された時も、
この手の言葉で陰口を叩いているんだそう。

「未婚」であることとは関係のない事柄についても
その部分に強引に照らし合わせて「だから」と言ってくる感じですね。

どんなに普通にしていても、どんなに仕事ができても、
結婚していないとか、子どもがいない・・という一点を
鬼の首を取ったような勢いで攻撃されることがある・・ってこと(^^;)

ましてや、仕事ができない・・ちょっとズレてる・・となると・・(^^;汗)。
ううむ。肝に銘じておこう・・。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(2) | trackbacks(0) |
小型トラックの運転
金曜日、土曜日と単発の派遣のお仕事に行って参りました★
久しぶりに働くと、妙に疲れる・・・・(^^;)。

で、前に日記に書いた、食材配達のパートの仕事に就いたシングルマザーとも会ったのですが、かなり憔悴しきっている様子でした・・。

小型トラックで食材を配送するんですが、個人宅メインなので
狭い道、子どもが飛び出してくるような道が多くてかなり怖いみたいです。

慣れれば大丈夫、と同僚は言ってくれるみたいですが、
彼女は「事故を起こしたらどうしよう・・」と気が休まらないみたい。

実際、辞めて行く人が多いらしく、彼女は生活がかかっているしすぐには辞めないだろう、根性があるだろう、と見込まれて採用されたとのこと。

どうしようか・・とかなり悩んでいました。
茶野は乗せてもらうばかりだけど(つうか免許がない!)、それでもたまにヒヤッとする場面に出くわします。ましてや仕事で毎日8時間運転するのは大変なんだろうな、と思う。

働き詰めの彼女、かなり気掛かりです・・。
そして、守るべきもの(子ども)のために全力疾走している彼女のこと、スゴイな・・と思います。
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(0) | trackbacks(0) |
お金について
昨日、今日とすっごく温かいですね。
近所の池の鴨たちも気持ちよさそう・・。

しかし、茶野はというと、なんか気持ちがモヤモヤしています。

普段はのほほ〜〜んとしている茶野ですが、一度考え込むと
色々思い悩んでしまうのが茶野の欠点・・・(−−;)

部屋の整理をするついでに、バラバラにしまっていた通帳やら
養老保険の証書をまとめたりしました。

少し持っている株の現在の状況も久しぶりに(数年前に買ってほったからしでした・・^^;)チェック。

20代はがむしゃらに働いてきたおかげで、少しは蓄えがあるけれど、
それをプー生活で食いつぶしたくない・・。

いっそ、蓄えが尽きるまで、自分の思う道にトライしてみるべきか・・。
とはいえ、30代。冒険はできないとも思ったり・・。

三十路を過ぎて、人生の壁にぶち当たってしまった気分で
ゆううつなのです・・。

それにしても・・今日の日記、暗!!読んでる皆さん、ごめんなさいっ
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(4) | trackbacks(1) |
仕事の探し方
昨日、1月まで一緒に工場の派遣で働いてた女の人からメールがありました。

食材の配送のパートが決まったとのこと。パートとはいえ、賞与もあるし、なかなかの好条件らしいです。

彼女は、女手一つで子ども二人を育てていることもあるけど、
とにかくパワフル。仕事を探す意欲がすごいです。

1月に派遣が終わってからは、他の派遣に電話しまくり、すぐにレジの短期バイトをしていました。

そのレジの短期バイトが終了してから、約1週間の間に色んな派遣やパートの面接を受け、すぐに仕事が決まるんだからスゴイ。しかも、今回は直雇用だから、長期で安定して働けるみたい。

彼女は、気になる仕事があれば、すぐに電話で問い合わせ。
「相手に選ばれるための面接」というよりは、「自分の条件にあうか、自分が選ぶための面接」、という感じ。

あれこれと考えて、なかなか電話をできない茶野とは大違いです。

求人誌を見て、自分には無理なんじゃないか・・受かりっこない・・
とか、あきらめモードに入って電話をできないでいる茶野は、
面接で傷つくことが怖いのかもしれませんね。

彼女を見習って、とりあえず、応募!
ダメなら、次!って感じで積極的にいかないと、ね★
行動しないと、ますます弱気になっていくから要注意です・・
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 生き方 | comments(2) | trackbacks(0) |
<new | top | old>