三十路シングル★あははトホホ日記

ついに三十路。未だ独身。おまけに約10年間勤めた会社を辞め、現在、バイトの身!しかも親の借金400万弱も肩代わり・・。経済力のない親の老後も不安だし、自分の明日も「どっちだ」状態!!この先、どうする??な、毎日とマネーライフを日々、あははトホホと更新中★
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
三十路のカサブタ
三十路のカサブタ (JUGEMレビュー »)
上田 良子
32歳で高給だった仕事を退職!その後、自分のやりたいことを求めてギャラなし生活1800日間の奮闘記!勇気と元気が出る一冊です★
LINKS
SEARCH
人気ブログランキング参加中 です。←応援してもらえると励みになります♪ 
■更新履歴&ひとりごとコーナー
2月23日日更新
家で自分でヘアカラーをしましたが、やっぱりうまくいきません〜。これからは美容室でやってもらおうっと。
  ↓日記本文は、この下からスタート↓
<< 収入の道を複数にするということ・・ | main | ダイナミック・シャンプー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
おとん、うるさい・・
おとんが九州(田舎)から帰ってきました。

父がいない時の茶野家は、ホントに静かで良い感じ。
が、帰ってくると、もう騒がしいのなんのって・・(汗)

父は、人の3倍くらいはしゃべってそうな人間です(^^;)
しかも、声でかいし・・。

で、今日はアフタヌーンティールームで、キレイなビールグラス発見。
持つ部分が細くって、スラッとスマートなグラス。
父好み。でも、こういうタイプってすぐ割れるから、家にはありません。

だから今日、帰ってきたら、父好みのこのグラスでビールを
飲ませてあげようかな、とセールでもないのにお買い上げしてしまいました。

なんて優しい娘でしょう〜♪(←自分で言うなっつうの)

実は、数年前にもこの手のグラスを買ってあげたことがあるんですけどね・・

買った翌日に割られてしまったんですよね・・案の定・・。

頼むから、今度はせめて一ヶ月くらいは割らないでくれよ〜・・
とか思いつつ、洗う時に茶野自身が割っちゃったりして・・(汗)
気をつけよう・・・
人気blogランキング参加中!
| 茶野 | 家族のこと | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
茶野 (2005/07/16 7:04 PM)
いえいえ〜、昔の日記を読むと色んなことが
思い出されて良いなぁと思いましたよ♪

父、今回は兄弟3人が揃ったそうで、
色々とお金がかさんだと思われます・・。
こうみえて、父は長男なんです!!!
一番末の弟は、大企業の子会社の社長を
まかされているというのに・・・はぁ〜。

みっつひ (2005/07/16 5:38 PM)
ホンマに親思いですねぇ〜〜、茶野サン(ノ´∀`*)
私なんか100円ショップのタンブラーで晩酌させてますよ、結構モノ良いガラスやったみたい〜(笑

残金500円デスカ・・・使い道どんなんか見てみたいカモ(汗

それと・・・なんかわからへんのですけど;
3月くらいのブログにレスしてたんですねぇ〜、私!
ホンマにゴメンなさい!!
かなり寝ボケてたかもデス!(大汗
茶野 (2005/07/15 8:33 PM)
のんちっちさん、
そうなんです。特に、薄いグラスは少しの衝撃で
「え?」って感じで割れちゃうことがありますものね〜。
今のところ、グラスは無事です!!
一年後には割れてなくなっている気がしますが、
一ヶ月はもたしますっ(笑)

毛太郎さん、
ニコニコニコ〜(^^)
す、鋭い突っ込みですねっ。
あ、あえて書かなかったというのに・・・ワナワナワナ・・。
残金、500円ほどはあったかなぁ〜(遠い目)
毛太郎 (2005/07/15 1:56 AM)
優すいっす!

ところで、オトンさんはお金を残してきたのでしょか?
のんちっち (2005/07/14 10:34 PM)
茶野さんは本当にお父さん思いですね!!
お父さんのためにビールグラス買ってあげるなんて
優しい〜☆
でも、ガラスのコップは洗ってるときにバリって割れる
時があるので気をつけてくださいね(^^;









url: http://sanosa.jugem.jp/trackback/128