三十路シングル★あははトホホ日記

ついに三十路。未だ独身。おまけに約10年間勤めた会社を辞め、現在、バイトの身!しかも親の借金400万弱も肩代わり・・。経済力のない親の老後も不安だし、自分の明日も「どっちだ」状態!!この先、どうする??な、毎日とマネーライフを日々、あははトホホと更新中★
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
三十路のカサブタ
三十路のカサブタ (JUGEMレビュー »)
上田 良子
32歳で高給だった仕事を退職!その後、自分のやりたいことを求めてギャラなし生活1800日間の奮闘記!勇気と元気が出る一冊です★
LINKS
SEARCH
人気ブログランキング参加中 です。←応援してもらえると励みになります♪ 
■更新履歴&ひとりごとコーナー
2月23日日更新
家で自分でヘアカラーをしましたが、やっぱりうまくいきません〜。これからは美容室でやってもらおうっと。
  ↓日記本文は、この下からスタート↓
<< トランスフォーマーって・・・映画の感想♪ | main | 長年保有した株を全売却・・・・!ちょっぴり寂しい〜!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
障害犬タローの毎日
黄色がいなくなって、今日で2週間が過ぎました。
いなくなってすぐは、違和感があったけれども、今では
それが当たり前のように時間が流れています。
黄色は幸せだったのかなぁ?とか、ふと思ってしまいますが、
そんな時にある番組を見ました。

天才!しむら動物園という番組の中に
動物と話せる女性・ハイジというコーナーがあります。
最初は「動物と話せるって・・・ウ、ウソくさい〜〜!!」と
思っていたのですが、3回ほど見た今、この人は本当に動物と話せるのかもなぁ、という気になってます。
ちなみハイジは外国人なのですが、これが日本人なら今でも「ウソくさ」と
思っていたかも(笑)不思議な感覚★

前回放送の太郎の話に心がウルッときたので日記に残しておきます。
1歳でしっぽ、前足、後足、耳先から腐っていく難病にかかった太郎。
獣医の小森先生は迷った末、手足、耳先、しっぽを切断して「生」を
とることにしました。

飼い主が高齢だったので、この小森獣医さんが太郎を引き取り、
それから11年たった今も先生や病院スタッフに支えられて元気に生きています。

だけど、先生は手足を切断したことを太郎がどう思っているか気になっていて
ハイジに太郎に聞いてもらうことにしたのでした。

ハイジが「驚いたわ!」と。
「この子は自分が安楽死させられるのではないかと思ってみたい」と。
犬に安楽死という概念はないけれど、先生の悩む気持ちから
イメージが太郎に伝わっていて、生きたい、死にたくない、と思ってたと。

だから、手術は痛かったけど、麻酔がとれて自分が生きてるって分かった時、
嬉しくて嬉しくてたまらなかったんだって。

ハイジの言葉を聞いて、小森先生が眼鏡をとって涙を拭いておられたんですね。
茶野もつられて涙・*:.。. (ノ´ω`・。)・*:.。

手足のない犬を飼う・・世話する、ということは
たとえ動物病院であったとしても、大変なこと。
それを引き受ける覚悟で先生は「死」ではなく「生」を選択したんですよね。
だけど、それが太郎にとってどうだったのか、心のどこかで
気になっていたのかも・・・。
だけど、太郎が生きてることが嬉しいんだろうなってことはハイジじゃ
なくても分かります!だって、太郎は優しい目をしてるんだもの!

愛されて、かわいがられて、幸せな気持ちの犬猫は、
どの子もこういう優しい目をしているなぁと思う。
そういえば、黄色も優しい目をしていたかもしれない。
幸せ・・・・だったのかな、と思えました。

が!!うちの飼い猫は・・・。あんまり優しい目をしていないっす( ̄▽ ̄;)!!
・・・それどころか、凶暴な爬虫類のような目をしているんですが・・(怖)
ワニの目ですよ、ワニの目(笑)!!こえぇぇんですよ。
愛情不足なのでしょうか、うちの猫は(−−;)

太郎の番組の簡単な説明はこちら
本もあるみたいなので、買ってよんでみようと思ってます(^^)
障害犬タローの毎日
障害犬タローの毎日
佐々木 ゆり
| 茶野 | | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
茶野 (2007/09/09 11:58 AM)
●サンテさんへ
サンテさんも(実家で?)猫を飼ってるんですね(^^)
そうそう、野性的なんですよ〜。うちの本家飼い猫は。ネズミや蛇をとってきますからね★
黄色ちゃんは穏やかな猫だったんですが。

>うちの猫は子供のような目をしています ・。・w
かわいいでしょうね〜(^^)家族を信頼して、甘えて子どもみたいな目をしてるんでしょうね♪
ところで雇用統計、えぐかったですね(−−;)
サンテ (2007/09/09 11:34 AM)
野生的な猫は目つきするどいもんね〜 ^。^;;

うちの猫は子供のような目をしています ・。・w
茶野 (2007/09/08 7:12 PM)
●よしゆきロビンソンさんへ
競馬のお馬さんの気持ちをハイジに聞いてみて
もらいたいものですね〜。
馬と語り合いたい、という競馬好きの人は多いですよね。
馬が走ることにロマンを感じると聞きましたが、
なんか分かる気がします★

●ひらさんへ
こんにちは〜。黄色は優しい目をしていたんですが、
今も元気バリバリなうちの飼い猫はハンターなので
ちょっと怖いんですよ(笑)
だけど、たまに甘えてくる時はかわいい目・・かも♪
だから、うちの飼い猫も幸せ、かもですね(^^)

●himekoさんへ
ちょっとしたきっかけで思い出してしまうこととか
ありますよね!思い出として、永遠に残っていくんだろうな〜と思います。
黄色は土の中ですが、生きてる時は幸せだったな、と
思えるようになりました。
今いる、元気バリバリの猫も生きてる間に
思いっきりかわいがってあげたいです(^^)
himeko (2007/09/08 5:02 PM)
最近ようやく、ねこちゃんがらみのCM観ても泣かなくなりました(^_^;)
先日実家に帰ったときも、あまり猫ちゃん話題は出しませんでした。

黄色ちゃんは幸せだったよヽ(´ー`)ノ
ひら (2007/09/08 2:19 PM)
まぁ、怖い顔をしている人でも、やさしい人もいますし^^;
きっと幸せだったと思いますよ。
よしゆきロビンソン (2007/09/08 12:44 PM)
飼い主としては悩みますね。
うちは主にオカンが面倒を看てるので判断を委ねることになりそうです。

オレは馬と語り合いたいですね。
なぜあのとき走らなかったのかの言い訳を聞いてみたいもんです。