三十路シングル★あははトホホ日記

ついに三十路。未だ独身。おまけに約10年間勤めた会社を辞め、現在、バイトの身!しかも親の借金400万弱も肩代わり・・。経済力のない親の老後も不安だし、自分の明日も「どっちだ」状態!!この先、どうする??な、毎日とマネーライフを日々、あははトホホと更新中★
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
三十路のカサブタ
三十路のカサブタ (JUGEMレビュー »)
上田 良子
32歳で高給だった仕事を退職!その後、自分のやりたいことを求めてギャラなし生活1800日間の奮闘記!勇気と元気が出る一冊です★
LINKS
SEARCH
人気ブログランキング参加中 です。←応援してもらえると励みになります♪ 
■更新履歴&ひとりごとコーナー
2月23日日更新
家で自分でヘアカラーをしましたが、やっぱりうまくいきません〜。これからは美容室でやってもらおうっと。
  ↓日記本文は、この下からスタート↓
<< 懐かしいなぁ | main | イライライラ・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真夏の夜に効くホラーたち
昨日の日曜日から一週間盆休みです。
なのに、昨日パソコンの椅子から転げ落ちてしまい(汗)
(椅子の座る部分が壊れて左右に動くので気をつけて座らないと
ダメなのに、勢いよく座ってしまって・・。買い替えなきゃな・・)
腕を激しく殴打してしまいました(;´Д`)。いてー。
その後、あまりにも痛くて昼寝してました。
扇風機かけわすれて、起きたら体中汗でドロドロ・・・。
最悪なお盆休みの幕開けでございます〜〜。はーーーー。

で、今日からばあちゃん家に行くので、しばらくブログできません。
暑〜〜い夏にふさわしいホラー紹介をして出掛けますので、
よろしければ参考にしてください〜。

★真夏の夜にふさわしいホラーたち 漫画篇★
おろち 1 (1) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)
おろち 1 (1) (ビッグコミックススペシャル 楳図パーフェクション! 4)
楳図 かずお

もうすぐ実写映画も公開される「おろち」です。
梅図作品は名作揃いだと思いますが、「ホラー嫌い〜」とか
「気持ち悪い〜」とかいう先入観で読まず嫌いの方もいるでしょう。
そういう人にもぜひ読んでもらいたいのが「おろち」です。
おろちという女の子が主人公。↑なかなかかわいいでしょ♪
彼女がストーリーテラーとなって、様々な家族の日常の中にある狂気を
描いていくオムニバスホラーです。
人間の心の奥底に潜む何かにこそ、本物の恐怖が潜んでいる・・・。
↑これこそ、楳図作品の真髄だと感じています。

基本的におろちは、ただ成り行きを見守っていくだけなのですが、
たまに自身の持つ不思議な力でフォローしてあげたりするのですね。
しかし、そのフォローが更に事態を悪化させたりすることもあったりして
面白い(^^;)
「おろち」「イアラ」「漂流教室」あたり、ぜひ読んでもらいたいです。
できれば、ネカフェでサラッと読むのではなく、家でじっくりと
読んでもらいたい。奥の深い作品です。

★BOOK篇★
姉飼
姉飼
遠藤 徹
村の繁栄を祝う脂祭りの夜、小学生だった僕は縁日で初めて「姉」を見る。姉はからだを串刺しにされ、伸び放題の髪と爪を振り回しながら凶暴にうめき叫んでいた。第10回日本ホラー小説大賞受賞作他全4編収録。(アマゾン紹介文より)
発売当時、この表紙に心奪われました。
(結局買ったのは文庫本になってからですが)
日本のどこかにあるごく普通の村。しかし、中へ入っていくと
どこか歪んでいる・・・。その歪んだ日常に、いつの間にか自分も
入り込んでしまっている感覚に襲われます。
なんともいえない読後感です。なぜか、せつない・・・。

★映画篇★
ハイテンション アンレイテッド・エディション
ハイテンション アンレイテッド・エディション
これ、フランス映画なんです。そう書くと、
「ふーん。ぬるいホラー映画なんでしょ?」と思われるかもしれませんが。
結構、過激なホラー映画に仕上がってます!!!
視覚的には相当、具呂井シーンもありますが、この映画はそれだけじゃない!
茶野は過激なホラーが好きですが、それは残酷なシーンが好き、って
わけじゃないんですよ(強調)!
そこに到るはらはらドキドキ感が全ての要(かなめ)だと思っています。
この次ど〜なるの!だめ〜、やられちゃうよ!!とか主人公一緒に
逃げ惑うような気持ちにさせてくれてこその過激ホラーです。
なので、緊張感のない過激なホラーはただの趣味の悪い具呂映画だと
茶野は思っているわけです。

そういう意味で、この映画はとても良かったです。
そして、仕掛けがスゴイですね。勘の鋭い人なら途中で結末が分かる
みたいですが(姉がそうでした)。
「え、そんな!!」と驚愕するラストが待ち構えています。
★注★とても面白い作品だと思いますが、具呂嫌いな人には絶対オススメしませんのでご注意を〜〜

以上、夏にオススメの作品紹介でした!
では、ばーちゃん家に行ってきます!
(帰ってきてから逆アクセスランキング設定します。遅れてすみません^^;)
人気ブログランキング参加中です。←応援してもらえると励みになります♪ 

この記事の何かの単語が検索に引っ掛かるらしく、コメント欄にスパムコメントがたくさん入るので、コメント欄閉鎖しました。いただいたコメントを本文にコピーしました↓
茶野 (2008/08/18 10:00 PM)
●ある正社員さんへ
いや〜、かなり痛くて内出血してましたよ(汗)
やっと治って来ました。
確かに、痛いのに爆睡してるあたり「どっちやねん」って感じですねー。タフなのかも(笑)
漂流教室、SFホラーってとこでしょうかね。
私も大好きです!
ある正社員@携帯 (2008/08/11 12:17 PM)
胸を激しく打ちつけてしまったにも関わらず昼寝してしまったという本当に痛いのか痛くないのかわからない脱力っぷりに感動しましたww


ちなみに俺は漂流教室が大好きです。あれはホラーなんでしょうかね。
| 茶野 | 映画、本、音楽など | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |